西洋占星術

私の金星期を振り返ってみた

2020年9月22日

さつき
金星期は16~25歳ですが、今回は私の金星期を振り返って検証してみました
ホロスコープの天体の発達年齢域とは?

さつき天体にはそれぞれ発達期があり、人は成長する中で順番にその発達期を経験します。 Contents1 月の発達年齢域2 水星の発達年齢域3 金星の発達年齢域4 太陽の発達年齢域5 火星の発達年齢域6 ...

続きを見る

 

高校時代

第2次萩尾望都先生ブーム

この頃は私の中で第2次萩尾望都先生ブームでした。

ちなみに第1次は小学5年生の時。

母が萩尾望都先生の大ファンなので私にもコミックスを読ませてくれたのがきっかけです。

特に「ポーの一族」や「トーマの心臓」に夢中になり、舞台であるイギリスやドイツなどのヨーロッパ諸国に憧れる日々でした。

 

進路に悩む

当時は海外熱が強かったので進路選択の際に海外留学出来るような学部を目指そうとしました。

しかし、親から反対されたために断念することに。

結局私は別の進路を選択することになりました。

 

大学時代

専門分野の学習や実習、課題、試験に追われて忙しい日々

大学に進学した後は医療系の学部だったこともあり、講義やレポート提出、試験に実習と忙しい毎日を送りました。

とにかく単位を落とさないように必死で勉強した日々です。

 

社会人になってから

地元を離れ就職

国家試験合格後は地元を離れ就職しました。

新人として覚えることが多く、3ヶ月くらいは毎日辞めたいと思う程悩みました。

(なんだかんだで最初の会社は3年半は続けました。)

 

再び海外熱が強くなる

社会人になってから再び海外熱が高まります。

学生時代とは違いお金は貯まりますが多忙で時間がなく旅行は行けずじまい。

勢いだけでパスポートは取得しましたが結局25歳までには海外旅行は出来ませんでした。

結局海外旅行をしたのは26歳になってからです。

 

まとめ

私の金星は双子座で9ハウスにあります。

9ハウスが示すように海外などの異文化、大学などの専門教育などが強く発揮された金星期でした。

皆さんも自分の天体の発達年齢域を振り返って検証すると面白い発見があるかもしれませんね。

西洋占星術の知識~ハウスについて~

  さつき今回は西洋占星術のハウスについて簡単に説明します。 Contents1 ハウスとは何か1.1 1ハウス1.2 2ハウス1.3 3ハウス1.4 4ハウス1.5 5ハウス1.6 6ハウ ...

続きを見る

 




-西洋占星術

Copyright© さつきのタロット&星読みメッセージ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.